お客さんに2回目の来店を促す方法

      2018/04/04

小さな居酒屋の作り方、運営者の大久保です。

 

お客さんに2回目の来店を促すための方法です。

 

まずはお客さんから

・名前

・住所

・メールアドレス

・誕生日

を聞き出します。

 

おいおい、聞き出すってどうやるんだよ。と思わないでください。

 

これからやり方を説明します。

 

 

パソコンを使って、名刺用紙に上記のことを印刷して、お客さんと会話をしながら、「お店からお得な情報をお送りしたいので、お名前などを教えていただけますか?」と聞くだけです。

 

パソコンがなければ、手書きでもいいと思います。

 

もし、「お得な情報などいらない」と言われたら、諦めましょう。

 

そして、書いていただけたら、お礼状を送りましょう。

 

私の場合は、官製はがきに朱色の筆で「ありがとうと」書いておきます。

 

この上に、

「◯◯様、本日はご来店ありがとうございました。当店は一人でも会話を楽しみながらのんびり夜ご飯を食べられるような店作りをしています。◯◯様がのんびりしたいときにお越しくださいね。」

などのような文章を筆ペンで書きます。

筆ペンの使い方

 

決して売り込みはしないでください。

 

まずは、お客さんとの信頼関係を作るのです。

 

お客さんの住所などの情報があれば、こちらから売り込みをかけることは簡単です。

 

ぜひともお客さんの個人情報を手に入れてください。

 

最近では、住所を書いてくれない方もいます。

でも、そうしたら、翌日にメールを送ればいいのです。

 

メールでも売り込みをかけることができます。

メルマガ活用方法

メルマガ活用実例

 

まずはお客さんに直接話しかけてくださいね。

 

話しかけることからコミュニケーションが始まるのですから。

 

ダウンロードできます

 

飲食店経営者がとある事をやってリピーターを増やし、月商に100万円を上乗せした方法の説明動画無料でプレゼントします。ただし期間限定ですので、今すぐ見てください

飲食店の経営にはリピーターは欠かせません。飲食店における売り上げの8割は、2割のリピーターから作られているということをご存知ですか?

それほどにリピーターが大切なのです。

私のお店で実際に実施した、誰でもマネができるリピーターを増やす方法を解説した動画を特別に公開します。

下記の画像をクリックしてフォームに登録すると、完全無料で見られるようになっていますので、今すぐ「リピーターを増やし月商に100万円上乗せする方法」の動画をご覧ください。

 

登録は簡単!あなたのお名前とメールアドレスを入力するだけです。

ぜひとも手に入れてあなたのお店にお役立てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 集客

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。