宣伝しないで繁盛店になる

      2018/06/12

1-b-ysk114

小さな居酒屋の作り方、運営者の大久保です。

飲食店を始めて経営する時には、宣伝をしたくなります。

ここであえて言いたいのですが、新規出店の場合は、なるべく静かに開店する方がいいのです。
宣伝しないで開業するのです。

宣伝しなければ、人が来ないじゃないかと思うのは普通です。

 

でもここは我慢です。

 

飲食店の新規出店では、オペレーションができていません。

料理の品質やサービスも不完全です。

 

オープン当初は、身内だけを呼んでも、一般のお客さんを呼ぶ必要はないのです。

 

これをサイレントスタート呼んでいます。

 

少しお店の運営に慣れたら、初めて宣伝をかけます。

 

こうすれば、安心して新規のお客さんの相手ができるようになりますからね。

 

宣伝・集客については、こちらのページをご覧ください。

 

安売りで他店と差別化してはいけない

飲食店って宣伝するとなると、ドリンクサービスとか、20%割引などをやってしまいがちでっす。

宣伝するとなると、

  • チラシ
  • ホームページ
  • Facebook
  • フリーペーパー
  • ソーシャルサイト

などだったりします。

安さでお客さんを釣ろうって考えです。

 

でも、安さで来てくれたお客さんは、別のお店のが安いと、そちらへ流れてします。

割引でお客さんを集めてはいけないのです。

 

ストーリーを作る

では、安さで売れないとなると、商品の質とかサービスをよくしようと考えます。

 

もちろん商品もサービスも質が良いに決まっています。

 

ですが商品サービスではこれまた、他店との差別化ができません。

他のお店のが美味しかったら、そちらへ流れてしまったりします。

 

そこで必要なのがストーリーです。

 

ストーリーとは、お店の開業秘話や、商品の開発秘話だったりします。

 

ものの溢れている時代です。お客さんは物欲よりも知的好奇心を満たしたいのです。

 

あなたのお店の開業の時の苦労話などをすると、お客さんは一気にあなたのお店のファンになってくれます。

 

あなたのことをお客さんに伝えるのに、お金はかかりません。

 

あなたの話をブログやホームページに掲載します。

それをプリントアウトして、メニューブックに挟むのです。

 

その文章や話に共感してくれたお客さんは、あなたのお店から離れられなくなるのです。

 

大変かもしれませんが、あなたのお話をお客さんに伝えてくださいね。

 

ダウンロードできます

 

私が実際に150万円で開業した方法を1冊の本にまとめました。

下記の画像をクリックするとダウンロードページに飛びます。

 

ダウンロードは簡単です。

あなたのお名前とメールアドレスを入力するだけです。

ぜひとも手に入れてあなたの開業にお役立てください。

 

 

 - 小さく始めて大きく育てる

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。