いつになったら独立できる?

   

小さな居酒屋の作り方、運営者の大久保です。

 

50歳になる私の元従業員がいる。もう何年も会っていないが、仲間から話が入ってくる。

 

これから自分の店を持ちたいそうだ。

そして、未だに居酒屋のバイトをしているそうだ。

 

よく従業員に伝えていた言葉だが、「とりあえずやっちゃえ」。

 

人生80年と言われて久しい。

 

もう50歳なのに、やりたいことをやらない人生でいいのかって思う。

50歳からスタートして、すぐに30年は経ってしまうんだから。

 

何を躊躇しているのだろう。早く自分のお店を持てばいいのに。

 

お金が欲しくてお店を開きたいのだと思う。その考えはいい。

 

料理の技術や接客の技術をどれくらい習得すれば、満足するのだろうか?

 

新しいことを始めるのって、とても勇気がいる。

 

特に飲食店なんて、まずお金を投資してからでなくては始まらない。

 

何百万円も投資してお店を作って、もし失敗してしまったらどうしようと思うのも自然だ。

 

失敗しないように技術を磨くのだ。

 

だけど、お店(仕事)って技術があるだけではお客さんはついてきてくれない。

 

どの仕事も同じなのだが、人間力(魅力)を磨かなければ、お客さんは集まらない。

 

美味しい飲食店なんて星の数ほどあるのだから。

 

僕の元従業員たちは、何人も独立している。

 

「あいつはダメだ」なんて言われていた奴も、しっかり独立した。僕ら仲間が背中を押してあげたから、独立できたのだとも思う。

 

だって、自分で判断できなかったりする時ってあるじゃない。自分がどれくらいできるかが分からないんだもん。

 

「君なら大丈夫」って言ってもらえたら、力が湧いてくる。

 

一人でもやもやしてるなら、僕が相談に乗ります。

 

こちらの相談フォームからご連絡くださいね。

相談フォーム

 

これは僕の好きな「明和電機」の社訓です。

 

僕は「とりあえずやっちゃえ」なんです。

行動しないと、何も始まらないんだもん。

 

見ず知らずの人に相談するのは勇気がいることだと思う。

 

結構真面目に相談に乗りますよ。

相談フォーム

 

ではでは

 - 駄文 , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。