女子大生を集めるのですから

   

働かなくていい生活がしたい。

自分で食べたい料理を、ついでに人に食べさせてあげれば、商売になる。

お店を開いた動機として、そんな気持ちがあった。

そんなに大儲けをする必要もない。

と思いながら、最初に作ったお店は大きかった。

 

まだバブルの余韻があったからかもしれない。

最終的には、そのお店は売却してしまいました。

なんで小さな居酒屋にしたかというと、一人で切り盛りすれば、人件費がかからないから。

大きいと儲けも大きいが、人件費で大変になる。

実はこれで大失敗したんだ。

店を大きくしたところ、従業員も増やさなきゃいけなくなった。

すると、人件費が膨大になり、最終的には借金までしてしまった。

一回借金すると、次から次に、借金をするようになってしまった。

お金って借りるのは簡単だけど、返すのが大変。

できれば借金はしたくないね。

小さな居酒屋って、それほどお金をかけずに、開業できます。

それこそ、150万円もあればいいのです。

もっと安く開業もできます。

150万円は、バイトとかして、貯めてください。

そして、まずは店舗を借りる。

店舗を借りてから、次のことを考えればいい。

最悪の場合、住む場所を、お店にすればいいだけの話。

住むだけのアパートであれば、ドアを開けていても、お客さんは入ってきません。

家賃を払うだけです。

その家賃を、お店だけにすればいいのです。

お店なら、ドアを開けておけば、お客さんはやってきます。

飲み物を頼んでもらえれば、それだけで利益になります。

自分の住んでるアパートで、お客さんに飲み物を出しても、お金はもらえませんしね。

 

 

小さなお店って、人と人のつながりだけで、商売が成り立ちます。

出来るだけ多くの人とつながってください。

お店って開いているだけで、つながりある人が、遊びに来てくれるのです。

最近では、美大に通っている娘の友達が、僕のお店に「作品」を飾る予定になっています。

無料でギャラリーとして貸し出します。

それをツイッターで、宣伝してもらいます。

来店するのは学生だから、お金にはならないかもしれません。

でも、お店は賑わいます。

何しろ、女子大生を集めるのですから。(笑)

 

 

最近の飲食店って、料理を提供するだけの場所ではありません。

料理だけなら、チェーン店でいいのです。

人が集まれる場所を提供するのが、仕事なんです。

人が集まれば、立派に商売になるのです。

小さなお店、始めてみれば。

とりあえず、やっちゃえ。

 - 駄文

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。