浅力5

      2018/06/07

本を読んでみた

自分に深く考える力がないから、本を読んで勉強するしかない。

しかも本に書いてある事しか出来ない。

よく抽象的に考えてくださいと言われるのだが、それはとても難しい。抽象的って言葉の意味がわからなかったりする。

具体例を聞いて、それをそのまま実践するしか出来ないのだ。

応用は苦手だ。

だから沢山の本を読んで、いろんな具体例を手に入れる。

自分は飲食店だから飲食店の成功事例を真似したくなる。でも本を読んでいると、美容室の成功事例なんかも書いてあったりするし、不動産屋さんの事例も載っている。

それを真似することはできる。

業種は違っても具体例だからだ。

でもそれを実践するかしないかは、読んだ人次第だ。ビジネス書なんか読んだって、実践しなけりゃ暇つぶしにしかならない。ビジネス書でなくて小説を読んで暇つぶしをしてるのと変わらない。

実践って、難しい言葉を使うと「アウトプット」っていうの。

「お客さんに手紙を出すと、リピートしてくれるよ」って書いてあるのを読んで、「いいこと書いてあるな~」で終わっちゃ意味がない。人にこの手紙のことを教えたことがあるけど、「それ知ってる。でもきっと意味ないじゃん」って言われたことがある。そのお店はお客さんが集まらないから僕のところに相談に来たのに、何も実践してくれなかった。そしたらその後の半年で潰れてしまった。

考えないで、言われたことをすればいいのに。

浅い考えでいいんだ。何かを知ったらやってみて。何かしらの行動をしないと、商売なんてすぐに潰れちゃうんだよ。

 - 浅力(お店なんか、まだやるな) , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。