商売という勉強に答えはあるか?

   

小さな居酒屋の作り方、運営者の大久保です。

 

今日は私が勉強していることをお伝えします。

 

普通は成功したことって教えてくれないんです。

 

でも、私の周りの人たちは、教えてくれるんです。

 

これってすごい愛情なんです。

 

みんなが、「いい情報があるから、これやりな」って言ったら、やるべきなんです。

 

教えてもらったら「ありがとね」って笑顔で言えばいいんです。そして実行するんです。

 

次に自分にアイディアが沸いたら、お返しすればいいんです。

 

みんなで助け合えばいいんです。競争しちゃダメなんです。

競争する暇があったら、協力するんです。

 

全国のみんなが協力しあって、助け合えば、いいアイディアが出てくるんです。

 

でも、それらを取り入れないような人は、いいアイディアも出せません。

人の意見を聞けないような人が出したアイディアなんてろくなもんじゃないの。

学校の先生も「みんな仲良くするんだよ」と言いながら、試験の時は「人のは見ちゃダメ」なんていうんです。

みんなが教え合えば、全員が100点を取れるんです。

 

これは私が尊敬する、斎藤一人さんの言葉です。

 

今までは飲食店の勉強(集客など)を教えてくれる人といえば、コンサルタントの先生くらいでした。

 

私も師匠と呼べるコンサルタントの先生について相当学んできましたし、今も学んでいます。

 

そして学んだことを、このページのように出し惜しみなく綴っているのです。

 

ですが、飲食店もネットがある時代、成功事例を共有できるようになります。

小さな経営者が集まって、情報を共有すればいいのです。

 

どのようにして集めるかは、ただいま思案中ですが…。

 

私の成功事例は、時々書いています。

 

今度はあなたの成功事例を私に教えてください。すると今度は私が全国の方々へそれを発信します。

 

あなたからの、メール・コメントをお待ちしていますね。

 - 駄文

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。