杜氏潤平の工藤くん

   

小さな居酒屋の作り方、運営者の大久保です。

居酒屋を続けていると、様々なことが起きます。

 

先日も、九州の宮崎から焼酎の蔵元さんが遊びに来てくれました。

 

杜氏潤平という焼酎を醸している小玉醸造の工藤くんです。

彼とはもう15年以上の仲になります。

 

元々彼は、都内の某有名百貨店のお酒売り場に配属されていたのです。

当時、彼がお酒売り場に配属されたのはいいのですが、お酒の知識を全然持っていなかったのです。

 

そこで、なぜか私のお店にお酒を覚えに来たのです。

「お酒の知識が欲しい」

そう言われては、お酒のことを教えなければなりません。

とりあえずは、工藤くんを連れて、新潟県の「緑川酒造」に連れて行きました。

 

お酒の作り方から教えたのです。

 

新潟県の小出まで車を飛ばし、緑川酒造の大平社長を紹介しました。

 

お米を洗い、蒸して、室に運び、麹を作る。

そして、麹と蒸米とお水を入れて、お酒を作るという工程を見せてもらいました。

もちろん貯蔵庫も見せてもらい、利き酒もできるのです。

 

 

彼とは緑川だけでなく、有名なところだと、八海山などにも一緒に遊びに行ったのです。

 

それからは、蔵元見学だけでなく、料理と一緒にお酒を飲むことで、味わいが変わるということを、私のお店で教えていました。

 

当分、工藤くんと私のそんな付き合いが続いたのですが、ある日突然、「会社を辞めてきた」というのです。

 

何を血迷ったのか、私が酒蔵に連れて行ったことが原因で、「自分で酒を作りたくなった」そうなのです。

 

困ったやつです。

 

当時、工藤くんは20代。

何でもできる年齢。

辞めてしまったものは仕方ないです。

 

九州のとある大手の焼酎蔵と仕事で繋がって、そこに蔵人として働くために、東京を離れることになりました。

 

どうやら、私のせいみたいです。

 

ん〜、人はなぜか行動を起こす時に、理由が欲しくなるんです。

 

その後数年間、大手で働き、九州で知り合った、同い年の潤平くんと仕事を始めたのです。

潤平という焼酎については、今度書きますが、味わい深い芋焼酎です。

潤平くんの仕事を手伝いながら、宮崎県のお嬢さんと知り合い、結婚もしてしまったのです。

 

私も結婚式に呼ばれました。

何しろ、九州に「行かせた」張本人らしいからです。(ひどい話だ。自分で好きで行ったのに、人のせいにするなんて。笑)

 

そんな工藤くんも、東京に出張があるたびに、私のお店に遊びに来てくれます。

「このお店が僕の原点なんだ」と言ってくれる工藤くんは、相変わらずお酒が弱いんだよな〜。

 

人の人生を変えるつもりなんてないけど、僕がきっかけで、こんなことも起こるんです。

 

毎日がワクワクで、居酒屋って本当に楽しいです。

 

 

 

 

 - 応援してるお客様

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。