開業予定の杉田さん

   

杉田さん

僕が遅れたせいで、待ち合わせのカフェの前に立っていた。

初めて顔を合わすのだが、こんな裏路地のカフェに向かう人はいないからか、すぐに杉田さんだとわかった。

挨拶もそこそこに、テーブルに向かう。

名刺を渡し、早速インタビュー。

杉田さんは調理の専門学校を卒業後、今まで飲食一筋の32歳。

埼玉県の春日部出身。

現在は浅草の老舗レストランで働いている。

いろいろなお店を回ったそうだ。

ホテル、居酒屋、レストラン…。

そして、今年は結婚する予定。

結婚を機に独立を目指している。

場所は婚約者の実家の近くにしようということで、北区の赤羽近辺にするとのこと。

目指すは洋風のバル的なお店。

夫婦二人で切り盛りできる程度のお店だ。

忙しい時は二人で働くのだが、普段は一人で切り盛りできる店にする。

その理由として、人件費がかからないからだ。

小さな飲食店において、人件費はとても大きい経費だ。

一人で働くから、カウンター中心のお店を作る予定。

L字、コの字型のカウンターならば、動線が楽になる。

お店の大きさは10~20坪。(20坪だと一人で働けないとわかっている)

自己資金は300万円。

個人事業主でいくか、法人にするかを悩んでいる。

(法人であれば、信用金庫からは融資金額が大きくなることがあるからだ)

資金調達先は、政策金融公庫か信用金庫。

不思議なもので、融資って結婚している方が信用があるみたいです。

総額800~900万円で開業予定。

程度のいい居抜きがあればいいのだが、なければスケルトンになるかもしれない。

スケルトンの場合だと、工事費用として坪単価40万円は見ておきたいものだ。その場合、冷蔵庫などはリースにするかもしれない。

中古機器を手に入れることはできる。新品を揃えることもできる。

だがリースだと保証も付くのだ。

メーカー直のリースでなく、厨房屋のリースだ。

メーカー直よりも格安なのだ。

将来的に多店舗展開もするつもりはない。

最初は小さなお店で始めるが、お店にお客さんが入りきれなくなるようなことがあれば、場所を変えて大きくしたい。

一つのお店をじっくりと続けるのだ。

すごい決意だ。

本人は料理の腕はまだまだだと言っている。

月の売り上げ予定は150~200万円を目指している。

(僕の経験値で、一人で150万円を売り上げるのは相当体力が必要だ。)

趣味はダーツ、ボーリング、映画鑑賞、食べ歩き。

これからの杉田さんを応援してます!

 - 応援してるお客様

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。