居抜きという考え方

      2018/02/27

nichiyoudaiku

居抜き店舗についてです。

なぜ居抜きになったのかを考えてみましょう。

以前の経営者が、その店舗では上手く経営できていなかった場所です。

ですが、上手に運用できれば、開業資金を少なくできます。

私の場合ですが、150万円でお店をオープンすることができました。

内訳としては、敷金礼金と前家賃で約100万円。
それに簡単な内装工事、厨房機器、お皿やグラスなどの什器備品で、約50万円。

製氷機などはヤフオクの中古品を仕入れました。

もともと30年以上続いたとんかつ屋さんだったのですが、内装をそのまま受け渡してもらって、自分で改装をしました。

ラッキーなことに冷蔵庫や流し台なども付いていました。

普通は内装費用だけでも、数百万円かかります。

業務用の椅子などは、新品なら1脚2万円くらいするんですよ。

居抜き物件があったら、自分で内装を変えればいいのです。

内装を業者さんにだけ任せていたら、いくらお金があっても足りません。

小さなお店は、オーナー自身が内装を作っていることが多いですよ。

私も壁などを自作しました。

電動ドライバーで杉の板を打ち付けて、オイルステンという塗料を塗りました。

img_1174

img_1176

電動ドライバーはとても重宝します。

棚なども自作ができますよ。

オススメ電動ドライバー

ダウンロードできます

 

私が実際に150万円で開業した方法を1冊の本にまとめました。

下記の画像をクリックするとダウンロードページに飛びます。

ぜひとも手に入れてあなたの開業にお役立てください。

 

 

 - 物件について

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。