チラシを作る12ヶ条

      2016/11/16

fly

小さな居酒屋を作り方、運営者の大久保です。

居酒屋を経営している方のほとんどが、宣伝をしていません。

宣伝と言っても、小さな居酒屋はそれほど広告費をかけられません。

世の中にある宣伝広告の方法は

  • ホームページ
  • ブログ
  • チラシ
  • テレビ広告
  • 雑誌広告
  • タウンページ広告
  • 看板広告
  • 折り込み広告
  • フリーペーパー

などがあります。

この中でも、一番効率が良くて、費用が安いのが「チラシ」です。

なぜ効率が良くて安いのか

  • 安い金額で作れる(原稿があればコピーすれば良い。業者に頼めば1枚3円くらい。)私の使っているコピー屋さんです。→ 成徳
  • できたチラシをポスティングすれば、お金がかからず宣伝できる。
  • できたチラシを持って近所に営業に行けば、すぐに成果が出る。
  • パソコンがあれば、Wordなどのソフトで簡単に作れる。
  • パソコンがなくても、手書きのチラシを作れば、味があると喜ばれる。

これらのメリットがあります。

チラシは自分で作ることができるのです。

でも、大手がやっているような「イメージ」だけのチラシではダメです。

小さな居酒屋のチラシは、こちらの事を分かってもらって、来店を促すものでなければなりません。

ここでチラシに入れる12か条をお伝えします。

1 アイキャッチはあるか(キャッチコピーとオファー)
2 3秒で理解できるか
3 地図、電話番号はあるか(レスポンスデバイス)
4 ターゲットは明確か
5 して欲しい事が明確か(来て欲しい)
6 ベネフィットはあるか
7 根拠はあるか(お客様の声)
8 自分がだれかを伝える(写真など)
9 小学校5年生で理解できるか(専門用語を使わない)
10 オファーは魅力的か
11 限定性(数量 有効期限(3週間まで))
12 お財布にしまわせる(アクションワード)

11と12はクーポンをつける時に必要になります。
クーポンを付けなければ、載せる必要はありません。

文章で書くとわかりにくいですね。

私のお店のチラシ

なので私のお店のチラシを特別にお見せしますね。

私のお店のチラシは、クーポンを付けていません。

ワードでA4の紙に印刷して、3つ折りにしています。

こちらからご覧くださいね。

http://jibunshigoto.com/samplechirashi.pdf

 - チラシ , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。