商人はパソコンを使え

      2017/05/08

howto-02

小さな居酒屋の作り方、運営者の大久保です。

先日、オープンして半年の理容室のオーナーさんの相談に乗りました。

まだまだお客さんが集まらなくて、本当に困っているんです。

そんな事を言ってました。

まずは宣伝しろ

知らない街でもお客さんを集めることができると思っている人は多いのです。

小さな商売では、知り合いがいなければ、お客さんは来てくれません。

だって同じ商品を買うのなら、知ってる人のお店から買いたいですよね。

知らない人のお店に行く理由がないんですから。

宣伝のためのチラシを作る

そのためには、「チラシくらい作らなきゃ」、なんです。

お金をかけないでチラシを作るのです。

チラシの内容は、商品の説明をしてはいけません。

チラシの内容

・あなたの人柄の事と、あなたの写真
・お店の営業時間 定休日
・お店の地図
・電話番号
・料金
・お客さんの声

これらの事を、チラシに書き込みます。

特に、あなたの人柄の事とあなたの写真は、大切なんです。

なんであなたがお店を開いたのか、とか、どんな思いで仕事をしているのか、とか、どんな人がお店を営業しているのか(写真)、などを綴るのです。

だからパソコンが必要

チラシを作るにも、自分でパソコンが使えなければ、人に頼まなければなりません。

人に頼むと、時間とお金がかかります。

まあ、パソコンを覚えるのにも、時間とお金はかかるのですがね。

でも一度覚えてしまえば、あとは自分でできるようになるのです。

集客のために、ブログやSNSをやるのにも、パソコンの方が便利なのです。

私も居酒屋を経営していますが、ある程度のパソコンの知識はあります。

チラシや名刺、お店のブログなどは、パソコンを使って自分で作っています。

 

このページが読まれています

 

お店の作り方も大切だけど、結局はお店を作った後、どうやってお客さんを増やすかが問題になります。

お客さんとの関わり方を、こちらのページでご覧いただけます。

 

 

まとめ

これからの商売は、受け身ではいけません。

こちらから、情報を発信していかなければならないのです。

そのためには、個人商店でも、ある程度のパソコンの知識が必要になります。

宣伝をするためにも、パソコンを使えるようになってくださいね。

おすすめパソコンはこちら

 - チラシ , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。