居酒屋のメニューを筆ペンで書く

      2018/02/17

 

よく見かける筆文字のメニューって、お店の味が出ていていいですよね。

パソコンの文字と違って、温かみがあるからです。

でも、文字を書くのが苦手な人が多いのも知っています。

かくいう私も、とてもじゃないけど、字は下手くそです。

それでも毎日、筆ペンでメニューを作成しています。

まずは動画をご覧ください。


使っている筆ペンは、「ぺんてる」製です。

このペンが一番使いやすと思います。

筆文字のポイント 1

文字の書き方ですが、

文字の最初のワンタッチだけを強くします。

「夜」という文字でしたら、「 亠 」だけを強く書きます。

それ以外は、細く描くのです。

すると文字に緩急が生まれます。

筆文字のポイント 2

必ず右肩下がりにすること

右肩下がりにすると、文字がうまいのか、下手なのかがわからなくなります。

読み手の心のバランスを崩すのです。

筆文字のポイント 3

ボールペンを使うと、文字に緩急が生まれます。

そして、書き上がった原稿をコピーし、
朱色の筆で、線を入れます。

これで完成。

なかなか上手にできないかもしれませんが、続ければ絶対に上手になります。

味のあるメニュー表で、お客さんを温かい気持ちにさせてくださいね。

 

 

ダウンロードできます

 

私が実際に150万円で開業した方法を1冊の本にまとめました。

下記の画像をクリックするとダウンロードページに飛びます。

ぜひとも手に入れてあなたの開業にお役立てください。

 

 

このページが読まれています

お店の作り方も大切だけど、結局はお店を作った後、どうやってお客さんを増やすかが問題になります。

お客さんとの関わり方を、こちらのページでご覧いただけます。

 

 

 - メニュー表の作成

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。