飲食店の会計を簡単にする

   

book-keeping-fig01

小さな居酒屋を作る、運営者の大久保です。

これから居酒屋を始める人から税金に関する相談が来ました。

どうやって申告すればいいんですか?って。

青色申告ってなんですか?

「複式簿記で、毎日の取引を帳簿に記録し、それの基づいて所得を申告する制度です。」

って言われても、よくわからないですよね。

まずは、毎日の売上や仕入の金額、支払った様々な経費を帳簿につけておきます。

パソコンがあれば、とても簡単になります。

エクセルなどで仕分けをして、毎日その数字を打ち込めばいいのです。

青色申告なら65万円の控除になる

実は白色申告というのもあります。

白色申告は青色申告をしていない人が使います。

でも白色申告では帳簿をつけなければならないのに、10万円の控除しかありません。

同じ作業をするのであれば、青色申告の方がお得なのです。

税理士にお願いする

実は私も、税理士さんに税金のことをお願いしていました。

直接税理士さんに、仕分けや記入の仕方を教えてもらい、確定申告の方法を勉強してきました。

もちろんお金はかかります。税理士さんにもよりますし、あなたの商売の規模にもよりますが、確定申告をお願いするだけでも、10万円以上はかかります。

10万円以下で確定申告を手伝ってもらえるのなら、だいぶ安いと思います。

会計ソフトを使えば簡単

ですが最近は、会計ソフトが優れものです。

仕分けも自動でやってくれるし、価格も安い。

会計の知識も必要なく、ステップに沿って数字を入力するだけで、確定申告ができるのです。

こんな便利なものを使わない手はありません。

それがこちらのFreeeです。



飲食店経営者って、パソコンが苦手な人が多いのは知っています。

だからこそ、お勧めしたいのがこのFreeeなのです。

エクセルで帳簿を作ればいいよと前述しましたが、覚えるのが大変なエクセルよりも、入力するだけで帳簿の作成が終わるソフトを使った方が簡単なんです。

Freeeの導入は無料です。

まずは無料で試してみて、気に入れば年間9800円の料金を支払えばいいのです。

税理士さんをお願いするよりも、格段に安く済みますよ。

全自動のクラウド会計ソフト

 - 税金について , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。